国際相続に関する支援サービスを提供します。一人一人に最良の解決策を

国際相続(海外のご資産のご相続)でお悩みのみなさまへ

国際相続(海外遺産のご相続)に関する専門サービスを提供いたします。

ファイナンシャルプランニング(FP)オフィス、CS planning は、日本が関係する各国ご資産のご相続に関する専門コンサルティング事務所です。世界にネットワークを拡げ、ご相続をワンストップで解決できる事務所として、日本で一番お客様のお役に立てる国際相続専門事務所を目指しています。

■ 提供サービスのご案内 ■

国際相続 手続支援

ご資産を海外に残してお亡くなりになった場合、お亡くなりなった方の国籍や、残された財産の場所・種類等により、日本には無いProbate(検認)と呼ばれる手続や、複雑な手続を要求されることがございます。お客様と共に、海外に残されたご相続財産の解約をサポートいたします。

サービス ご相談受付

海外資産 ご解約支援

ご資産を海外に残してお亡くなりになった場合、残された相続人が、当地での手続きに苦労する可能性がございます。生前にできる限りの対策を立てておくことが賢明です。ご生前のご相続対策の一環として、海外資産ご解約のサポートをいたします。

サービス ご相談受付

■ ご利用者様の例

・海外にご資産をお持ちだった事業主・企業オーナー様のご家族様

・海外に駐在していた方/外資系企業にお勤めだった方の配偶者やお子様

・海外で亡くなったご親族がいらっしゃる方

・ご相続人に外国人がいらっしゃる方

・弁護士事務所/税理士事務所 等

■代表よりご挨拶

海外のご資産を残してお亡くなりになった方、将来のために海外にご資産を残して日本へ戻ってきた駐在員・研究者の方々、ご相続人に外国の方がおり、ご相続手続が進まず困っている方。

開業より、これまで、様々な海外の遺産相続に関する案件に対応してまいりました。

海外ご資産のご相続があったとしても、ご相続人の方は、身近な方を亡くされた悲しみのなか、まずは、目の前の、国内のご相続手続を先に進めるのが、通常の流れかと存じます。

そして、海外のご資産に関しては、残された書類を見てもよく分からず、相談する相手もおらず、しばらく放置になりがちでございます。

また、交流が少ない海外の親族の方がお亡くなりになり、突然、相続人という立場であることを、海外からの手紙によって知らされ、その不信感や怖さから、なかなか気が進まなく、手続きも進まない、というご相談もお受けいたします。

しかし、数年という単位で時間が経過すると、ご資産が凍結されてしまっていた、というケースもございます。更に、ご高齢だったご相続人がお亡くなりになったなど、状況が変わってしまい、より複雑になることもございます。その場合、当初よりも、半年~数年単位でさらに時間がかかることになります。

このような場合には、是非、当専門事務所にご相談ください。

ご相談いただいたお一人お一人の心の負担を軽くし、そして、解約されるご資産を、ご自身の人生や、大切なご家族・ご友人、そして、社会のために活用していただけるよう、ご相続手続の解決まで尽力いたします。

CS Planning 代表 笹山千惠子

事務所詳細は、事務所案内のページをご確認ください

ご相談受付はこちら

お問い合わせフォーム

■ 新着情報

April 15, 2019 国際相続専門ブログを更新しました

Transfer Certificateとは?(アメリカの遺産相続)

Apr 1, 2019 国際相続専門ブログを更新しました

海外で死亡した方の日本での届出

Apr 1, 2019 ゴールデンウィーク休業のお知らせ(2019年4月27日~5月6日)

Dec 28, 2018 年末年始休業のお知らせ(2018年12月28日~2019年1月6日)

Dec 13, 2018 国際相続専門ブログを更新しました

海外の遺産相続を突然知らされたときの対処法

Dec 6, 2018 国際相続専門ブログを更新しました

海外の口座解約指示書の作り方


■ 国際相続専門ブログのご紹介

国際相続専門ブログhttps://blog.sasayama-jimusho.com/)では、海外のご資産の相続・解約等でお困りの方へ、実務家の観点から実際の手続きはどうなっているのか、をお伝えしています。

また、当事務所のメインサイトでは十分にお伝えできない実務上のお話しをお伝えしていきたいと思っています。

国をまたぐご相続や口座解約は増加しておりますので、お困りのケースがありましたら、ご相談ください。

国際相続専門ブログのご紹介